感染症に対する「安心安全」への取り組み

この度の新型コロナウィルス感染拡大に際し、お客様に安心して当社のバスを利用して頂けるよう、日の丸観光バスの感染症拡大防止の7つの対策をご紹介いたします。

エアコン外気換気モードを利用したバス車内の換気
観光バスのエアコンは、外気導入モードに固定して運転すれば約5分で車内の空気の入れ替えを行うことができます。また親光地などでの待機中、窓やドアを出来る限り開けておくなど、常に換気を意識するよう乗務員に指導しております。
車内イメージ
車内イメージ
■「大型バス」のエアコン外気換気モードを動画でご紹介(停車状態と走行時)■
大型観光バス換気機能テスト(停車状態)
大型観光バス換気機能テスト(低速走行時40km/h)
大型観光バス 大型観光バス 大型観光バス
■「中型・小型バス」のエアコン外気換気モードの動画(停車状態と走行時)■
小型バス換気機能テスト(停車状態)
小型バス換気機能テスト(低速走行時 40km/h)
中型・小型バス 中型・小型バス 中型・小型バス
バス紹介ページはコチラから
プラズマクラスター搭載車両
上記の除菌システムに加え、車内浄化装置「シャープ製プラズマクラスター」イオン発生装置を設置しています。この装置にはウイルスを破壊し不活化する効果が認められております。(中型バス・マイクロバスには設置しておりません)
プラズマクラスター
プラズマクラスター
オゾンガスによる殺菌
保有している車両全てに定期的にオゾンガスを発生させる装置を用いてウイルスを殺菌・不活性化を行っております。
オゾンガス
オゾンガス
アルコール消毒液による消毒と設置
運行終了後に車内の換気とアルコール消毒液を使い、手すりや座席、お客様が触れる場所を重点的に除菌掃除を行ております。また、バスの乗車口付近にお客様にご利用頂けるアルコール消毒液もご用意しております。
アルコール消毒液
アルコール消毒液
乗務員のマスク着用と体調管理の徹底
担当乗務員はマスク着用を行い、適時、手洗い・うがいを行います。出勤時に健康状態の確認・体温検査を行い健康上支障のおそれのある場合は、常時待機している代わりの乗務員を配置致します。
検温
検温
光触媒・酸化チタン『ジェイ・チタンコート』の施工
光触媒とは、施工した場所の表面に蛍光灯や太陽の光が当たると強力な酸化力が生まれ、もともと付着していた細菌やウイルスはもちろん、施工後に付着してくる有機化合物や細菌などを死滅させ分解までしてしまう環境浄化材料です。バスの座席をコート施工しております。(一部車両は除く)
Jチタンコート
Jチタンコート
車内におけるソーシャルディスタンシングの対応
新型コロナウイルス感染予防対策として、お客様と乗務員と一定の距離、お客さま同士の一定の距離を保つため、当面の期間、一部のお座席を利用の対象外とさせていただきます。ソーシャルディスタンスの確保のために、車内の一部の座席は、下の図のように利用対象外となります。
車内イメージ
車内イメージ
■バス車内の座席表例■
バス車内の座席表例

日の丸観光バスは、お客さまが「安心・安全・快適」に利用していただけるように運行するための「安心・安全」にも努めています。どうぞご覧ください。

運行するための安心安全への取り組みもコチラからご覧ください